輪郭の整形方法についてどのような手法があるのか説明します

顔の輪郭は、顔の雰囲気だけでなく体全体のバランスも大きく変えることが出来る部位です。丸顔の人は、痩せていても太って見られてしまったり、反対にすっきりとしたシャープな輪郭の人はぽっちゃりしていても痩せて見えるという特徴があります。顔の輪郭の美容整形手術の方法は、いくつかあります。なりたいデザインによって、簡単に行える手術から、本格的な手術まで色々な選択が行えます。それぞれの手術には得られる効果も異なりますが、リスクも異なります。また医師の技術力によって仕上がりが異なる場合もあるので、医師選びも重要なポイントです。手術の方法や、仕上がりのデザインの希望などを、担当の医師ときちんと相談して、最適な方法で行うことが大切です。事前に理解を深めておきましょう。

顔の輪郭の美容整形手術の種類とは

顔の輪郭を変える美容整形手術の方法の種類には、いくつかあります。まず最も手軽に行えるのが、注射によるものです。顔の脂肪が気になる人や、骨格に問題がない人には効果が期待できる方法です。脂肪溶解注射などを使用して、気になる箇所に注射をすることで、輪郭を変化させていきます。皮膚の切開が必要ないので、ダウタイムも必要なく、さらに費用も低額という特徴があります。しかし、骨格に問題がある場合や、大きな変化を望んでいる場合には、骨格形成などの美容整形手術が必要です。骨格形成手術では、余分な部分の骨を削っていったり、不足している部分にはプロテーゼなどで補っていきます。本格的な手術となるので、手術後には傷跡が落ち着くまでは長期的なダウンタイムが必要となります。

手術の種類とデメリットについて

手軽に行える注射での手術の場合、効果が実感できない場合や、元に戻ってしまうというリスクがあります。また、脂肪が少ない人などには注射による効果がほとんど出ないので、他の手術方法を選択する必要があります。切開手術の場合にはさらにデメリットがあります。まずは皮膚の切開が行われるので、手術後のダウンタイムが必要となるだけでなく、皮膚に傷跡が残ってしまうリスク巣があります。他にも、骨を削りすぎてしまって、希望しているラインとは違った形に仕上がってしまったり、左右非対称となってしまうというトラブルもあります。最悪の場合には、噛み合わせに不具合が生じる場合もあるので、リスクをきちんと把握しておきましょう。医師の技術力によっても仕上がりが異なるので、医師選びも慎重に行いましょう。