オススメの輪郭や整形の事を初心者でもわかり易く伝えます

顔の輪郭は、顔全体の雰囲気だけでなく、スタイルも見え方が変わってくる大切なポイントです。痩せているのに、丸顔というだけで太って見えてしまったり、反対に、体はぽっちゃりしていても、輪郭がシャープだと痩せて見えるという特徴があります。輪郭を整えるだけで、目鼻立ちがはっきりとして見えたり、女性らしい雰囲気になったりもします。顔の輪郭を整えるための美容整形手術には、いくつかの方法があります。元の顔の形や、なりたいデザインに合わせて、どのような手術が最も適しているかなど、医師と相談して決めていくと良いでしょう。手軽なものから、本格的なものまでさまざまな方法がありますが、それぞれにメリット・デメリットがあるので、きちんと理解して手術をしましょう。

顔の輪郭の美容整形の方法について

顔の輪郭の美容整形手術には、いくつかの方法があります。軽症の場合であったり、顔の脂肪が気になる場合には、脂肪溶解の注射などで症状が改善するケースもあります。脂肪溶解注射での整形の場合、皮膚の切開が必要ないので、ダウンタイムがほとんど要らないというメリットがあります。エラが張っていたり、顎が長い、顎の横幅が広いなど、骨格が関係している場合には、骨削りや、不足している部位にはプロテーゼの挿入などによって、輪郭を整えていく必要があります。骨削りの手術を行うことで、大幅な輪郭の変化を行うことが出来るだけでなく、一度完了すると、半永久的にその効果を持続することができます。ごつごつとした男っぽい輪郭から、シャープな女性らしい雰囲気へと変化させることが可能です。

骨削りの美容整形手術のリスクとは

顔の輪郭を大きく変えたいという場合に、骨格の修正を行うことがあります。それが、元々の顔の骨格をチェックして、余分な部分の骨を削りシャープなラインを作ることです。しかし、骨削りによる美容整形手術にはリスクも伴います。まずは、仕上がりの状態にトラブルが起きやすいということです。骨削りでは微妙な差が、仕上がりの左右差につながってしまったり、想像以上に削りすぎてしまい理想的なラインが出来なかったということがあります。また、皮膚を切開して骨を削っていくので、手術後に傷跡が残ってしまったり、そこから感染症を発症してしまう可能性もあります。またダウンタイムも長期的に必要となるので、スケジュールの調節が必要となります。医師と慎重に相談して手術を行うことが大切です。