輪郭形成や整形の特徴を比較します

顔の輪郭は、体全体のイメージを変えてしまうほど、大きな印象を与えるポイントになります。顔が丸顔の人は、スレンダーなスタイルであっても、太った印象を与えてしまったり、反対にすっきりとした輪郭の人はぽっちゃりしていても痩せた印象を残す傾向にあります。またエラが張っていたりすると、ごつごつとした印象が強く、男性的なイメージになりがちです。輪郭の形成については美容整形手術で修正することも可能です。色々な方法があり、元々の顔の形や骨格の状態によって適している手術の内容は異なります。医師と相談することで、自分の理想としているデザインと、手術の種類や方法を教えてもらうことが出来ます。手術を受けるときには、メリット・デメリットをきちんと把握しておくことが大切です。

顔の輪郭の美容整形手術の方法とは

顔の輪郭の美容整形手術の方法にはいくつかあります。まず、元々の状態をチェックして、余分な脂肪が多いことで、輪郭がすっきりとしていない場合には脂肪溶解注射での整形が可能です。初めて美容整形手術を受ける人や、簡単に手術を済ませたい人にも向いています。気になる部位に注射を打つだけで、余分な脂肪を落とすことが出来るので、傷跡が残ってしまうなどの心配がありません。元々の顔の状態において、骨格が原因となっている場合には骨削りなどの手術が必要となります。特にエラなどの場合には、骨格が原因となっていることが多く、このようなケースにおいては骨削りが必要です。骨削りには高い技術力が必要となるので、リスクも高まります。技術力の高い医師を選ぶことが、大切なポイントです。

顔の輪郭の美容整形を行うときのリスク

顔の輪郭の美容整形手術を行うときには、リスクが伴います。手軽な脂肪溶解注射の場合には、変化が小さいので効果が実感しにくかったり、時間とともにもとに戻ってしまうというリスクがあります。骨削りを行うときには、さらにリスクが高まります。まずは、皮膚の切開を行うので手術跡が残る可能性が高いということです。また骨削りには高い技術力が必要となり、未熟な医師による手術の場合には仕上がりに不満が出るということが多いです。左右差が出てしまったり削りすぎてしまうというのが、代表的なトラブルでもあります。他にも最悪の場合には噛み合わせに影響を及ぼしてしまったり、神経を傷つけてしまうなどのリスクもあるので、手術を考えている人は、リスクもきちんと把握しておきましょう。