輪郭整形のメリットデメリットのまとめ

顔の輪郭は、その人の印象を大きく変えるポイントでもあります。顔の輪郭を決める要因としては、脂肪の量だけでなく元々の骨格が深く関係しています。エラが張っていたり、頬骨が目立ったり、顎の長さが長いなど、色々な要因が考えられます。骨格に問題がある場合には、ダイエットやマッサージなどで余計な脂肪を落としても、きれいな輪郭になることが出来ません。このような場合には、美容整形手術による、骨格の修正が必要となります。骨格の修正を行うことで、大幅なデザインの変更が可能になるだけでなく、時間が経っても元に戻ってしまうという心配がありません。メリットもありますが、その分デメリットもある手術です。輪郭の美容整形手術を考えている場合には、デメリットも理解しておきましょう。

輪郭の美容整形のメリットについて

輪郭の美容整形手術をするメリットとしては、コンプレックスの解消があります。輪郭にコンプレックを持っている人は、髪の毛などで隠そうとしたり、人に見られることを極端に嫌がるという傾向があります。このようなコンプレックスを解消すると、気持ちが明るくなって、人前に出るのが楽しくなるというメリットがあります。また、手術の方法にもいくつかあり、手軽なものであれば注射だけでの手術も可能です。注射での手術の場合には、ダウンタイムも必要ないので手軽に行うことができます。大きな変化を求める場合には、骨格の形成をおこなうことで、理想的なフェイスラインに変化することが出来ます。どのような手術が必要となるかは、元々の輪郭の状態によっても変わるので、医師と相談することが大切です。

輪郭の美容整形のデメリットについて

輪郭の美容整形手術を行うことによるデメリットは、メリットと同じようにたくさんあります。まずは、簡単に行うことが出来る注射での手術の場合、効果が実感しにくかったり、時間とともにもとに戻ってしまうということです。大きな変化を起こすことが難しいので、希望しているデザインによっては適さない場合もあります。大きな変化を求める場合には、骨格の修正が必要となります。骨格の修正は、皮膚を切開して余分な部分の骨を削ったり、プロテーゼの挿入などで補ったりします。医師が未熟な場合などには、骨を削りすぎてしまったり、手術によってかみ合わせが悪くなってしまうというリスクもあります。仕上がりが左右対称でない場合もあるので、手術を検討している場合には、医師選びを慎重に行うことが大切です。